エンドキサン

抗がん剤治療 闘病記ナビのダウンロード


がんの種類ごとにまとめておりますので、患者様の原発のがんの種類をお選びになり、ダウンロードしてご覧ください。

これまでのダウンロード発行部数 57681人

Eメールアドレス 携帯アドレス不可

この抗がん剤が用いられるがん

胃がん 乳がん 肝臓がん 肺がん 膵臓がん 白血病 悪性リンパ腫

解説

アルキル化剤

ナイトロジェン・マスタードの毒性を抑えた薬として登場しました。
40年以上も前に開発された薬ですが現在でも、
最もよく用いられる抗がん剤の1つです。

小細胞肺がんに対するCAV療法(シクロホスフアミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン)や
悪性リンパ腫に対するCHOP療法(シクロホスフアミド+
ドキソルビシン+ビンクリスチン+プレドニゾロン)などの中心薬剤として
使われるほか、単独で用いられることもあります。

多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、白血病、肺がん、
乳がん、子宮がん、胃がん、結腸がん、肝臓がん、
膵臓がん、咽頭がん、卵巣がん、精巣腫瘍など。

主な副作用

骨髄抑制を起こしやすいので、感染症や貧血、出血傾向などに注意が必要です。
また、膀胱に刺激を与えるため、投与の翌日から数日の間に出血性勝胱炎を起こすことがあります。

そのほか、大量投与した場合には、心不全を起こすことがあります。
脱毛もよくみられますが、治療が終わり薬の使用をやめれば自然に回復します。

吐き気・嘔吐、食欲不振などの消化器症状もよくみられます。
そのほか、まれに肺線維症や問質性肺炎、腸出血性勝胱炎は、
薬の成分が体内でアクロレインという膀胱を刺激する物質に変わるために起こります。

尿が膀胱内に長時間たまったままでいると、膀胱粘膜が刺激されます。
水分を十分にとり、排尿回数を増やすように心がけましょう。
なお、大量投与する場合には、出血性膀胱炎を予防するためにメスナが併用されます。


○使用できない人

@ペントスタチン(代謝括抗剤)による治療を受けてい
る人。
A本剤の成分によって重い過敏症を起こしたことのある人。
B重い感染症にかかっている人(注射)。

○併用薬の注意 
前述のペントスタチン以外にも、他の抗がん剤や放射線療法、
アロブリノール(痛風治療薬)などと併用すると、骨髄抑制作用が強まるので注意が必要です。
また、ステロイド剤やクロラムフェニコール(抗生
物質)と併用すると、本剤の効果が弱まることがあります。

○妊娠・授乳について 
催奇形性の疑いがあるので、妊娠中の使用は避けることが望ましいとされています。
授乳中の人は、授乳を中止してください。

トップージ抗がん剤とは?副作用はなぜおこるのか?口コミ募集運営者読者感想抗がん剤治療闘病記ナビを見る

運営者:大木勝  Email:info@cancermed.jp

Copyright c 2008 抗がん剤治療 闘病記ナビ All Rights Reserved.